愛欲の半ば、陰と陽の慟哭‾淫辱は制服の下に‾ (パンプキンノベルズ86) コメント

Isbn 10: 4861461618

Isbn 13: 978-4861461613

愛欲の半ば、陰と陽の慟哭‾淫辱は制服の下に‾ (パンプキンノベルズ86) 青江ぷりこ レビュー オンラインで

から

最高の言語

日本語

広告

愛欲の半ば、陰と陽の慟哭‾淫辱は制服の下に‾ (パンプキンノベルズ86)

十数数年ぶりに、生まれ育った街に戻ってきた熾月沙羅。沙羅は、幼なじみの明智茉利との再会を楽しみにしていた。だが、茉利は別人のように性格が変わっていた。約束を覚えていないどころか、他のテニス部員たちとともに沙羅をイジメの対象とするようになる。つらい日々に耐える沙羅を、さらなる苦悩が襲う。体の一部が肥大化し、男性器のように勃起するようになってしまったのだ。そして、性欲を満たしたいと激しい衝動に駆られるようになる。沙羅の身体に起こった変化がもたらす性衝動の行方とは・・・茉莉との友情はどうなってしまうのか?アイルの新チーム【チーム・ドレイク】がおくるPCゲームがついにノベライズ!

著者:青江ぷりこ
Isbn 10:4861461618
Isbn 13:978-4861461613
ソフトカバーページ:新書
出版社:イーグルパブリシング
寸法と寸法 愛欲の半ば、陰と陽の慟哭‾淫辱は制服の下に‾ (パンプキンノベルズ86):17 x 10.6 x 2.2 cm

De lezer コメント

© 2020 1mwr.ru 利用規約
日本のスーパー図書館, または枝。無断複写・転載を禁じます。