恐怖の作法: ホラー映画の技術 コメント

Isbn 10: 4309274897

Isbn 13: 978-4309274898

恐怖の作法: ホラー映画の技術 小中 千昭 レビュー オンラインで

から

恐怖の作法: ホラー映画の技術

ホラー映画やアニメの第一線で活躍してきた著者が、小説や映像など様々な形で人を惹きつけ続ける「ホラー」つまり「怖い物語」がどのように作られるかを論じ、技術を伝授する実践的な一冊。人はなぜ、ホラー映画で怖がろうとするのか。 ホラー映画を数多く執筆した脚本家によって書かれた、恐怖の探求。 ホラー映画を作りたい人、より怖いホラー映画を見たい人に送る本。 Jホラーのイディオロギーとなった「小中理論」を再度論じ、新たに「小中理論2.0」も書き下ろされている。 第一部「ホラー映画の魅力 ファンダメンタルホラー宣言2003」----2003年刊行の『ホラー映画の魅力』の大幅改訂版 第二部「祟咒考 Sui-Ju-Kou ~Modern Curses ー現代流行怪談をめぐって 2004〜2009」----ネット流通怪談と、著者がホラーの実作の中で「真なる恐怖」を追い求めるクロニクル(未発表) 第三部「アリスの穴の中より2008〜2014」 ----書き下ろし ホラー映画に留まらず、恐怖について様々なアスペクトから解析を試み、そこにあるシステムを詳らかにしようとする「恐怖のテキスト」。 金子國義画伯の装画を得て、ついに刊行。

著者:小中 千昭
Isbn 10:4309274897
Isbn 13:978-4309274898
ソフトカバーページ:単行本
出版社:河出書房新社
寸法と寸法:19.2 x 13.2 x 3 cm
言語 恐怖の作法: ホラー映画の技術:日本語

De lezer コメント

© 2020 1mwr.ru 利用規約
日本のスーパー図書館, または枝。無断複写・転載を禁じます。