門司・下関逃亡海峡 (徳間文庫 に 1-100 十津川警部シリーズ) コメント

Isbn 10: 4198930554

Isbn 13: 978-4198930554

門司・下関逃亡海峡 (徳間文庫 に 1-100 十津川警部シリーズ) 西村 京太郎 レビュー オンラインで

から

広告

門司・下関逃亡海峡 (徳間文庫 に 1-100 十津川警部シリーズ)

S大学の講師・篠塚昭夫は、韓国人の留学生アン・ミカとの浮気を妻の恵子に知られてしまった。無理心中を図ろうと部屋に火を放った恵子は焼死。解剖の結果、睡眠薬が検出され、警視庁捜査一課の十津川警部は恵子の死因に疑問を抱く。事情聴取を受けた篠塚は、自分が疑われていることを知り、ミカと一緒に韓国への逃亡を計画する。葬儀の途中で姿を消した篠塚と、東京駅で合流したミカの行方を追う十津川班。だが二人が乗ったはずの新幹線には姿がなかった。神戸からフェリーで門司へ向かったのだ。シリーズ最新作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者:西村 京太郎
Isbn 10:4198930554
Isbn 13:978-4198930554
ソフトカバーページ:文庫
出版社:徳間書店
寸法と寸法:15.2 x 10.6 x 1.2 cm
言語 門司・下関逃亡海峡 (徳間文庫 に 1-100 十津川警部シリーズ):日本語

De lezer コメント

© 2020 1mwr.ru 利用規約
日本のスーパー図書館, または枝。無断複写・転載を禁じます。