ラケス (講談社学術文庫) コメント

Isbn 10: 4061592769

Isbn 13: 978-4061592766

ラケス (講談社学術文庫) プラトン レビュー オンラインで

から

ラケス (講談社学術文庫)

ソクラテスを中心に、二人のアテネ市民とその息子たち、ラケスとニキアスという高名な二人の将軍たちのあいだで「勇気とは何か」を主題に展開される対話。息子たちの教育法にはじまる議論が、ソクラテス一流の誘導により、ソクラテス自身を含めた一同の「勇気」に対する無知の確認に導かれる。ソクラテスによる定義探求過程の好例とされる、プラトン初学者必読の初期対話篇の傑作、待望の新訳成る。

著者:プラトン
Isbn 10:4061592769
Isbn 13:978-4061592766
ソフトカバーページ:文庫
出版社:講談社
寸法と寸法:14.8 x 10.6 x 1.2 cm
言語 ラケス (講談社学術文庫):日本語

De lezer コメント

© 2020 1mwr.ru 利用規約
日本のスーパー図書館, または枝。無断複写・転載を禁じます。