ルポ コールセンター 過剰サービス労働の現場から コメント

Isbn 10: 4022513144

Isbn 13: 978-4022513144

ルポ コールセンター 過剰サービス労働の現場から 仲村和代 レビュー オンラインで

から

ルポ コールセンター 過剰サービス労働の現場から

「ぶっ殺す」「言い訳なんか聞きたくないっ! 」 「だからお前は電話番といわれるんじゃ、ぼけ」 ――追いつめられた人が、 また他の誰かを追いつめる場所〝コールセンター〟。 「1年間の離職率9割」を生む、 過剰サービス社会の見えざる実態に迫る。 朝日新聞「ルポルタージュ現在」で大反響! 「コールセンター」の実態を照射する渾身のルポルタージュ。 コールセンター、通常〝コルセン〟は 劣悪な労働環境、疲弊する地方経済、 シングルマザーや若者の雇用・貧困など 様々な問題を内包しながらも、 メディアで扱われることは少ない。 「電話応対の楽な仕事」と思われているかもしれない。 しかし、事実は大きく異なる。 コールセンター問題と解決策を説く。 【目次】 第一章 あるコールセンター ・沖縄のコールセンター ・徹底した管理 ・クレーマー ・傾聴 第二章 コールセンターで働く人たち ・派遣会社の役割 ・若者とシングルマザー ・失業の恐怖 ・雇用打ち切りとの闘い 第三章 コールセンターの歩み ・1980年代、日本でも始動 ・見えない全貌 ・海外への展開 ・コールセンターと自治体誘致 ・沖縄県の企業誘致ツアー ・補助金漬けの弊害 第四章 コールセンターの抱える問題 ・何がストレスを生むのか ・感情労働 ・ストレスとつきあうには ・国際的にも高い非正規雇用の割合 ・低い労働組合の組織率 ・労働組合をつくる ・オペレーターの専門性を上げるには 第五章 業界の模索 ・消費者の声を集める最先端 ・電話が減っていく、業界の危機感 ・コールセンターは消滅する? ・効率優先のコールセンターを変えたい。「情報工房」の挑戦 第六章 過剰サービス社会を変えよう ・「お客さまは神様」の日本社会 ・疲弊する人々 ・「お客さま第一」以外の選択肢 ・幸せなサービス社会を目指して

著者:仲村和代
Isbn 10:4022513144
Isbn 13:978-4022513144
ソフトカバーページ:Kindle版
出版社:朝日新聞出版
寸法と寸法:18.8 x 12.8 x 1.7 cm
言語 ルポ コールセンター 過剰サービス労働の現場から:日本語

De lezer コメント

© 2020 1mwr.ru 利用規約
日本のスーパー図書館, または枝。無断複写・転載を禁じます。